最新登録記事
全般 : 学習指南乃書2
投稿日時: 2011-08-08 01:29:09

みなさん、こんにちは。佐賀県佐賀市の学力向上会の塾長黒木です。


秘伝-「学習法指南乃書」  -勉強の仕方伝授の巻- 


その壱、予習の仕方

 −予習と復習ではその比率は2:8と心得よ




理想を言えば、予習の比率をもっと上げたいところである。が

、まずは取り組みやすい比率で学習し、徐々に予習の比率を上

げていくことができる。




〈数学〉


まず教科書の例題をノートに写し取り、その後練習問題を解い

てみるべし。その際、ノートは「ぜいたく」に使うこと。文章

題1題につき1呂鮖箸Δ里澄ぜいたくに使うことで、後で赤ペ

ンを用い添削をすることができる。こうすることで君だけの「

最強の解説書」が出来上がるのだ。なお言うまでもないことだ

が、計算問題では=(イコール)を列車のようにつなぐべからず。




<国語>


教科書をじっくりと読み、その後、文章中にある新出漢字にマ

ーカーペンでチェックしておくこと。小説の場合、人間関係を

把握しておくこと。




<理科>


教科書中の実験の様子、写真、図表はかなり重要度が高いと心

得よ。図や表の横に書いている短い解説、コメントはテストに

出る確率がかなり高い。マーカーペンを引きいつでも目につく

ようにしておくこと。




<社会>


社会は「教科書が最も優れた参考書だ」と言われている。した

がって以下のように学習すべし


【歴史】教科書中に出てきた人物名、出来事、年代などにまず

「鉛筆」で線を引いておく。授業で線を引いたところを強調し

て話していればそこに赤線を引き、要点と心得よ。授業の後教

科書に、授業中解説していた内容、ノートに書き写した要点を

書き込んでもよい。こうして君だけの「最強の参考書」を作り

上げよ!


【地理】教科書中の地図、グラフは理科と同様、重要度が高い

。特に、グラフの一番目〜三番目に挙げられている項目や国名

は覚えるように心がけるべし。


【公民】君たちの今の生活に結びついているものが出てくるた

め、歴史・地理が苦手だった人も一気に得点を上げるチャンス

になる。まず、教科書の予習単元を3回は読み、そこで何を言

おうとしているかを把握すべし。新しい言葉には必ずチェック

を入れ、本文中よりその説明となる部分に下線を引いておくべ

し。




〈英語〉


英語が得意になりたいものは、まず授業を大切にすべし。オー

ソドックスな方法であるが次のように予習できる。


まずノートを開き、教科書本文を書きうつす。左のページ3行

を用いて一文を書く。すなわち一行目:本文を書きうつす。二

行目:自分で考えた訳を書く。別に間違ってもかまわない。そ

して、三行目:ここは空けておく。この三行目は、授業中に先

生が解説した時に書き込んでいくのだ。


なお、最初の訳を書くときに、「ガイド」などでまる写しをし

ても君の力にはなりにくいので注意するように。

さて、右のページだがそこには新出単語と熟語そして、その意

味を書いておく。授業の後、右のページに何度も書いて覚える

まで練習すべし。


 


以上予習編の方法で学習を進めていくと、理解度及び重要点の

定着度は、以前の数倍にもなるとこに気づくだろう。古典的な

方法であるが、毎日の積み重ねが必ず君の力になる。




部活で体力的につらいときもあるだろう。それでも粘り強く頑

張ってほしい。慣れてくれば早い時間でできるようになるはず

だ。次第に効率的な学習ができるようになるのだ。


健闘を祈る!!!




次回は、復習の仕方について君だけに解説しよう。

 

印刷用ページ 





オンライン個別ライブ授業「一徹」