数学の学習法  >  「せんせー!方程式、全部解きました!これで方程式は完璧っす!」

みなさん、こんにちは。金沢の夢盟塾、塾長の小島です。



「せんせー!方程式、全部解きました!これで方程式は完璧っす!」



テキストやプリントを終えた嬉しさからでしょう。


終えました、という嬉しそうな報告をよく生徒から受けます。


しかし、


終えて喜んでいるなんて生徒は、


成績アップなんて問題外です。




(もちろん、終えてないなんて子は、問題外の外です)


 




何度も書きます。


成績アップとは、


出来ないところを出来るようになる


ことで達成されます。


 


出来るところが出来たら、


それは現状維持です。


ダウンもしませんが、アップもしません。


 


なぜ問題集をするのか。




一度やって、出来ないところを発見するためです。


 


ですから、


問題集が終わった = エンディング


ではなく、


問題集が終わった = スタート


なのです。




発見した「出来ないところ」を、


今から「出来るところ」に変えていくのです。


 




つまり、


問題集をたくさんやる学習なんて、


ナンセンスなのです。


 


問題集をやり終えるとは、


弱点克服のスタート、


つまりは成績アップのスタート


と同値なのです。


 

プリンタ用画面
前
三角形の合同
カテゴリートップ
数学の学習法
次
比例のグラフの書き方





オンライン個別ライブ授業「一徹」