数学の学習法  >  コピー&切り取り学習法・・・高校数学

みなさんこんにちは。香川県三木町でTOP進学教室をやっている天野と申します。



高校生の皆さん、高校の数学って、中学のときと比べると、いきなり難しくなったと思いませんか?


途中の式や計算も残しておかなければならないことも、中学校の時と異なっているかもしれません。


でも、それ以上に異なっているのが、「テスト勉強のやり方」ではないでしょうか?


高校生の皆さんは、新学年になってから、すでに1回もしくは2回の「定期テスト」を経験していると

思います。結果はどうだったでしょう?  満足いく結果なら問題ないのですが、「勉強したのに、

テストになったら、解き方を忘れてしまった!」という方は、以下を参考にしてみてください。


おそらく、皆さんの「定期テスト」対策の勉強は、テスト範囲の問題を解いて練習することが中心だと

思います。もちろん、それで間違ってはいません。


ですが、ここに落とし穴があるのです。


教科書やそれに準拠した傍用問題集(高校で使っているもの)は、同じ問題パターンが何問か

続いています。例えば、数学気裡下”堙式の解法で説明すれば、


因数分解で解く問題、解の公式を利用して解く問題、解が存在しない問題、解が実数全体となる

問題、解が1つのみの問題


などなど、同じパターンの練習問題が続きます。問題練習用としては、これで構わないのですが、

テストに向けての実戦演習としては、ちょっと都合が悪いのです。


というのは、同じ問題パターンが続いていると、問題を解く時に潜在意識として、「前の問題と同じ

解き方で解けばいいんだな。」というのが頭の中にあるからです。


ところが、テストの時にはどうでしょう? 前の設問と同じような解き方の問題が連続して出題される

ことはまずないと思います。問題を見た瞬間から、自分で問題ごとに解法を考えなければならない

のです。テスト勉強のときに、真似て解くことばかり練習していると、テスト本番のときに、「解き方は

なんとなく分かるけど、どの解き方で解いていいのか分からない」というようなことが起こります。


それで、結果として、「テスト勉強はしたのに、点数がとれない」ということになってしまうのです。


数学に関しては、これを解消する学習法があります。「コピー&切り取り学習法」です。


その方法を教えます。まず、教科書や問題集の該当ページをコピーします。そして、そのコピーに

載ってる問題を、はさみで切ってバラバラにします(問題番号は問題と一緒になるように切ってください)。

 「2次不等式」なら、「2次不等式」全範囲をコピーしたほうがいいですね。そうすると、「2次不等式」

のバラの問題ができます。


それから、そのバラの紙切れを適当に混ぜてから、1枚を取り出します。それで、その問題を解きます。

問題同士の関連性は、はさみで切ることによって絶たれていますので、自分の実力で解く事が必要に

なります。それで解ければ、おそらくテストのときも解けると思います。


このテスト勉強法は、まず1回目に順序どおりに問題を解いて理解した後(解答や解説使って解法を

理解した後)に、復習用として実践することをお勧めします。


 


* コピーは、自宅にあればベストですが、ない人が多いと思います。コンビニとかでもできますが、

もしコピーし忘れたときには、次のような方法でも可能ですよ。自宅にプリンターはあるでしょうか? 

パソコンがある家では、おそらくプリンターはあると思います。デジカメまたは携帯電話のカメラはあ

るでしょうか?  これがあればだいたい同じようなことはできます。デジカメまたは携帯で、該当部

分の問題を撮影します。そのデータをパソコンに移せば、プリントアウトできます。パソコンへのデー

タの移し方は、ケーブルでつなぐか、メディアをつなぎかえるなど、機種ごとに違いますが、だいたい

は可能でしょう。もちろん、この方法よりも、コピーの方が手軽なので、できれば問題集を使い始める

ときに、すべてコピーしておいたほうがいいでしょう。


 

プリンタ用画面
前
数学で30点が取れない中学1年生の勉強
カテゴリートップ
数学の学習法
次
三角形の合同





オンライン個別ライブ授業「一徹」