算数の学習法  >  中学受験算数の割合

【中受算数の割合】

みなさん、こんにちは。おたすけ算数マン、小林です。


小学生の算数で文章題と言えば

中学入試問題でなくても「割合」です。


この単元でお子さんが最も戸惑うポイントがあります。


(問題)Aさんは30個のおはじきを持っていてその数はBさんの2倍です。

Bさんのおはじきは、何個でしょうか。


これは、単純に30÷2=15個とすぐに解答できます。


ところが、2倍のところが3/5(3分の5)となると


何故    30÷3/5=50


となるか納得できないのです。


納得できる式は

30が3/5だからまず3で割って、1/5の量を出し、5倍すると全体の量が出る。

30÷3×5=50・・・(1)

です。


2倍だから2で割れば1に当たる量が出るのは理解できるのですが、

3/5だから3/5で割るのは理解というよりも納得できないのです。

ですから(1)の式で納得いくのなら、

それでOKです。

                 


 

プリンタ用画面
前
計算ミスをさせないためには、計算を面白く解く癖を身に付けさせるのだ!
カテゴリートップ
算数の学習法
次
低学年のうちにできるようになっておきたいこと





オンライン個別ライブ授業「一徹」