算数の学習法  >  「計算問題か?文章問題か?」ではなく

みなさん、こんにちは。福岡県久留米市の至誠塾の水野です。


はじめにお断りしておきますが、受験用の話ではありません。

算数の実力をつけるための話です。


「計算問題はできるけど、文章問題に手が出ない」という声をよく聞きます。


学校の授業では計算のやり方を中心に学び、学校からの宿題には計算ドリルやプリントが

よく出ます。


逆から言えば、文章問題は「おまけ」「応用問題」という位置づけです。「計算問題と文

章問題をどちらか選べ」と言われれば、誰でも「計算」を選びます。


単純ですし、すぐ終わるからです。




文章問題を解けるようにするためには、この位置づけを逆転させればよいのです。

文章問題を学習の中心に据え、計算を「文章問題を解くための道具」ととらえます。

時間をたっぷり使って少量の文章問題を解くのです。一問15分から最長で60分くらい

でしょう。


その時に重要なのは「一文ずつ絵や図や表に置き換える」ということです。

文章を読み返さなくていいように絵図や表を描き、そこに数字も書き込みます。

後はそれだけを見ながら考えて、自力で答えを導く学習を習慣化するのです。


正解がなかなか出ないかもしれません。それでもいいのです。降参ならば一ヶ月後に再

トライです。


簡単なパズルはすぐ飽きますが、複雑なパズルはハマれば楽しみになります。それを目

指しましょう。


小学1〜3年生向けの市販教材であれば、スーパーエリート問題集(文英堂)の別冊は

いかがでしょうか?


小学校高学年であれば、入試問題を詳しく解説した問題集が使えます。




時間がかかってもいいから、「自力で文→絵・図・表」です。ここが肝です。


 


 

プリンタ用画面
前
算数が苦手な子へ 〜算数は覚えて真似する教科〜
カテゴリートップ
算数の学習法
次
計算ミスをさせないためには、計算を面白く解く癖を身に付けさせるのだ!





オンライン個別ライブ授業「一徹」