国語の学習法  >  国語の勉強ってどうするの?

こんにちは。埼玉県の彩北進学塾の蓮です。


子どもたちの学習状況を見ていて常に思うことがあります。それは、国語の勉強をしていることをほとんど見ないということです。


テスト前などに国語をやっているのかな、と思うと、学校のワークをやっているか、または漢字の練習をしているかのどちらかが多いです。だからご家庭での学習時や自習時にきちんと国語の勉強をしていることを見るのはほぼゼロに等しいですね。そして、学校定期テストは出来るけど、実力テストや入試では出来ない、ということが多くあります。どんな文章でもしっかり確実に点数を取るためにはやはり国語は勉強しなければなりません。




入試や他の教科の成績アップのためにも国語という教科は絶対に必要なのは言うまでもありません。それどころか、国語がきちんとできるようになれば自然に全体がレベルアップしていくはずです。今度の指導要領でも、読解や表現というのは重点がおかれています。




それなのになぜ国語をやらないのでしょうか?私はよく子どもたちに「なぜ国語を勉強しないの?」と聞くことがあります。そうするとほぼ全員同じ答えが返ってきます。「何をやっていいかわからない。国語ってどう勉強するの?」こんな感じですね。確かに分かりにくい教科でしょう。私もそう思います。毎日、文章を読めばいいのでしょうか。または、毎日、問題をひたすら解けばいいのでしょうか?




多くの子どもたちが苦手とする「論説文・説明文」について今回はお話したいと思います。

私は、3つのことが必要だと思っています。これから述べる3つのことを慣れるまでしっかりやっていけば国語の力は確実についてくると思います。成果が分かりにくい教科なのではっきり実力がついたかどうかの結果が分かるまで時間はかかりますが・・・


まず1つ目に「語彙力」をしっかりつけることです。英単語や古文の単語は必死に練習して覚えたりしていますが、日本語ははっきりいっておろそかにされています。なんとなく分かったつもりなのですね。何気なく使っていても実は知らない言葉って相当あるはずです。比較的短い文章でも、読んだ後に、何について書いてあったのかを聞いてみると分からない場合も最近は多いですね。ようするに「話題」がつかめない、ということです。これでは問題を解く以前ですね。「話題」をまずは理解する。筆者が何について語っているのかを分からなければ文章を読んだことになりませんよね。1つの文章中に10個程度知らない言葉・語句があると、もう意味が分からない状況になると思います。ですから、語彙をたくさん身につけることは、当たり前のことですが、きちんとやらなければいけない作業だと思います。


1つ話題を探すヒントになるのは、「繰り返し出てくる言葉」や「二字熟語」、「カタカナ語」などですが、これが分かってもその言葉の意味が分からないでは仕方ないですね。


2つ目には、以下のことをおろそかにしないということです。それは「指示語(こそあど言葉)」「接続後(つなぎ言葉)」です。これも私たち日本人は、どんな文章を読むときでも、あるいは会話をする中でも自然に使って自然に理解しているものですが、意外に間違ったまま理解していることが多いです。指示語を読み違えてしまえば、その後の文章の意味は違ったものになってしまいます。接続語もきちんと理解していれば、その前後の関係が分かり理解を助けてくれます。例えばこんな感じです。


例) 私は昨日バナナを買いました。

   今日私は、それを食べました。


ここでは、「それ」が指示語になっています。おそらくこの例文で、「それ」が指しているものを間違える人はいないでしょう。簡単ですよね。でも実際に、国語の問題で、指示語が出てきたら間違える人は多数います。例文で言えば答えは「バナナ」ですが、間違えるということは、答えを「昨日」や「私」にしてしまうのと同じことです。また、接続語で言えば、こうでしょうか?


例) 私は今日、登校中に転んでしまって怪我をしました。

   だから、今日の体育の授業を休みました。


ここでは「だから」が接続語ですね。「だから」が空欄になっている場合でもおそらく子の例文くらいなら答えられるでしょう。また、この例文で、「だから」まで読めば、その先にくるのは、だから以前に書いてあるものが「原因」で、その「結果」が書いてあることが読まなくても分かります。もしここに、「しかし」と出てきたら、その次にくるのは、その前に出てくるものとは反対の内容、この例で言えば、体育の授業は出席できた、などとなるはずです。このように接続語は、どういう関係になっているのかを明らかにしてくれます。


このように、指示語や接続語をきちんと理解することが読解する、ということです。私の塾では中1生から、上記の「話題」「指示語」「接続語」をしっかり練習させています。そしてこれは、ふだんから本を読むときでもできるはずです。最初のうちは時間がかかりますが、訓練しているうちに自然とできるようになってきます。その自然に出来るまで、が大変ですが、この3つだけでも力は十分つきます。


3つ目は今まで述べたことを、目で見て分かるようにすることです。ただ頭の中でやるのではなく、目で見て、手を使って動かして、そして意識するのです。指示語や接続語が出てきたら鉛筆でチェックする。そうすればそのときにそこに意識がいきます。今までは何気なく読んでいたものが、これからは意識するようになるのです。そしてどうなっているのかを考える。これが国語の勉強です。私は、問を解くことが国語の勉強ではないと思っています。こういう作業をすることこそ、国語の勉強だと思います。慣れていくうちに、わざわざチェックしなくても理解できるようになっていくのです。こうなってしまえばもうどんな文章が出てきても大丈夫です。繰り返し、普段の読書や問題文でいくらでもこの作業はできます。


ちょっと根気がいる作業ですが、がんばってみてください。

次回は、小説について述べてみたいと思います。

 

プリンタ用画面
前
合格のための過去問のやり方
カテゴリートップ
国語の学習法
次
国語の勉強ってどうやってするの?2





オンライン個別ライブ授業「一徹」