英語の学習法  >  構文把握による英語学習法

みなさんこんにちは。茨城県つくば市のマイスター学院塾長の須田です。


今回は比較的英語が得意な中学生以上から、高校生を対象とした英語学習法をお話し

します。


英語を学習する方法は1つではありませんが、その内の1つの方法として構文把握に

よる学習法を提示しようと思います。学校で英語を学習したことのある人は、一度は

5文型というものを目にした事があるでしょう。今回は、その5文型に注目していきま

す。


この学習法に大切なのは、英語が多くの人が操る言語であるという事実を見直すこと

にあります。当然の事ですが、英語圏ではそれこそ老若男女全ての人が英語を話して

います。その中には勉強の苦手な人だっているわけです。そうした人も、簡単に英語

を操るのだから、実は英語はシンプルな構造になっていると考えられます。そのシン

プルな構造の骨子を示したものが5文型であるに他なりません。以下でそれを利用し

た学習法を見ていきます。




(機鳳儻譴篭腓諒造咾意味を決める法則


 実際に5文型を見てみましょう。

 第一文型SV

 第二文型SVC

 第三文型SVO

 第四文型SVOO

 第五文型SVOC


 学校では「C」が補語を意味するだとか、第四文型の最初の「O」は間接目的語で次の

「O」は直接目的語なのだとか、まるで文法学者でも養成するかのような事ばかりに注目

しておいて5文型の学習を終えることが多いようですが、これは非常にもったいない事で

す。英語に限らず、「法則を見ぬいて自分で考える」ということは学問に効果的です。


 それでは5文型に注目してみましょう。どんな法則があるでしょうか。一目瞭然ですが、

二番目に必ず動詞が並べられていますね。ここで終わってはいけません。勘違いしている

方が多いのですが、このことは5文型が「主語の次に必ず動詞を置かなくてはならない」

事を示しているわけではないのです。だって、疑問文なんて動詞が主語の前にありますよ

ね。


そうではなく5文型は「主語の右隣に英単語が置かれると、それは動詞になる」という事

を示しているのです。具体例をあげてみましょう。


 Carpenters hammer the nail into the wood.(大工は木にくぎをうつ)


二番目に”hammer”が並べられていますが、これはもちろん「ハンマー」の事ですね。こ

の文章を見ると、ほとんどの教師は「”hammer”には動詞の意味もある」などと教えてし

まうのですが、そうではない。二番目に並べられた単語が動詞の意味をもつ法則が、つま

り文のカタチそのものが"hammer"を動詞にしているわけです。このように考えれば、覚え

るべき意味は「ハンマー」だけで十分です。


 このように、英語とは文の並びが意味を決める言語なのです。このことを理解して、5文

型自体がそれぞれどのような意味を持っているのかを確認しながら訳をすることが、文法

問題で点数をとる一番の近道です。




(供房尊櫃砲匹里茲Δ乏惱するのか


たとえば「make O C構文」というものがあります。「Oを(強制的に)Cの状態にする」と

いう意味の構文ですが、これはどうみても第五文型です。第五文型SVOCのそもそもの意味

は「SがOをCの状態にVする」というものなのだから、「make O C構文」と意味的になん

ら違いはない。


The news made me sad.(ニュースは僕を悲しくさせた)


供He painted the wall red.(彼は壁を赤く塗った)


気蓮make O C」として連語あるいは構文として覚えさせられるわけですが、どうでしょ

う。こうして並べてみると構造にまったく違いはありませんね。第五文型の意味さえきちん

と理解していれば、「そのニュースが私を悲しい状態にmakeした」という意味になること

が分かり、makeの辞書的な意味が分からなくても、文の意味は分かるはずです。


 以上の例で見たことを、やってみると良いわけです。まずは5文型がそれぞれどのような

意味を持つのか、このこと自体はどの参考書にも載っているはずです。それを踏まえた上で、

意味の分からない文章に出会ったら、まずはそれが何文型のカタチになっているのかを考え

てみる。あるいはその逆、意味の分かっている文章から何文型なのか推測してみる。


 学校で解かされる英語問題は、少しでも間違えたら点数のもらえない、えげつない問題ば

かりです。それを最低限の努力で避けるためには、この方法がベストです。

 もちろん何も考えずに「単語・連語・文法」の問題をゴリゴリやりまくる、という方法も

効果はありますが・・・。どちらが良いのか、という議論は好みに依るかもしれません。




ちょっと難しくて分かりづらいところも有ったかと思いますが、少しだけでも考えて実践し

てみてください。それでもわからないことが有りましたら、事務局までご連絡ください。


ではまた。


 

プリンタ用画面
カテゴリートップ
英語の学習法
次
英単語の記憶法





オンライン個別ライブ授業「一徹」